病変部を狙い撃ちするガンマナイフやサイバーナイフなどの治療が注目

頭蓋骨内にできる脳腫瘍は、脳の組織から発生する「原発性」と他の臓器にできたがんが脳に転移して発症する「転移性」の二つに分けることができます。

原発性脳腫瘍には、脳を包んでいる髄膜に発生する髄膜腫、ホルモンの中枢である下垂体に発生する下垂体腺腫瘍などがあります。

これらの多くは良性の腫瘍ですが、大きくなると脳を圧迫して、圧迫される部位によっては深刻な症状が出るため、手術で摘出することになります。良性腫瘍は脳へ浸潤することはないのでm摘出さえできれば完治も期待できます。

一方、転移性脳腫瘍と神経膠腫は悪性の腫瘍で、脳の組織に浸潤しながら大きくなります。脳神経外科の外科手術で腫瘍を摘出することが可能ですが、脳は全身の様々な臓器を司る神経が集中しているので、後遺症を残さずに手術を行うには執刀医に高度なスキルが求められます。

近年は、手術中に脳に電気的な刺激を加えることで脳の機能を確認しながら手術を進める術中モニタリングと、手術前の影像を元に手術場所を確認する術中ナビゲーションという後遺症のリスクを低減するための手法が相次いで登場しています。

可能な限り腫瘍を摘出することができたならば、次は放射線療法を行います。従来は健康な細胞にも放射線が照射されたため、様々な副作用が出るなどの問題がありましたが、最近は正常な部分への線量を少なくし、可能な限り病変部に線量を集中させるガンマナイフやサイバーナイフと呼ばれる定位放射線治療が普及しています。

Copyright(C) 2014 ianajapan.com All Rights Reserved.