SPECTの登場で病気の原因だけでなく、早期の発見が可能となりました

脳血管障害を原因とする認知症は脳梗塞の有無や萎縮の程度を調べることができるCTやMRIなどの画像検査で発見することができます。私たちの視覚や聴覚などから入った情報は側頭葉にある海馬に集められ、脳のほかの部位と連絡を取っていますが、記憶の中枢であるこの海馬に萎縮が認められればアルツハイマー病の可能性があります。

ただし、海馬はアルツハイマー病だけでなく通常の加齢でもある程度萎縮してしまうため、従来の画像診断では判断が難しいという一面がありました。

アルツハイマー病の発症システムが徐々に解明されつつある近年、病気の早期の段階で脳内の一部の血流量が低くなることがわかってきました。そこで放射性薬剤を静脈注射し、脳内で分布する様子を画像化することにより、血流量の少ない(=の脳活動が低下している)場所をみつけようという「SPECT(単光子放射断層撮影)」で早期の発見が可能となりました。

現在、国内では塩酸ドネペジル(アリセプト)、リバスチグミン(イクセロンパッチ / リバスタッチパッチ)、ガランタミン(レミニール)がアルツハイマー病の治療薬として使用されています。同薬で完治はできませんが、アルツハイマー病の進行を遅らせることは可能で、早期の投与できればより大きな効果が期待できます。早期診断の重要性が大きい病気だからこそSPECTの存在意義は非常に大きいといえます。

画像診断のほか、全身の病気の有無を調べるため、血液検査も行われます。というのも、認知症の原因の一つである甲状腺機能低下症(新陳代謝を促進するホルモンが低下する病気)は、早期に発見できれば、ホルモン剤の服用で治療が可能で、認知症の症状改善が十分に期待できるためです。

Copyright(C) 2014 ianajapan.com All Rights Reserved.